久しぶりの海外出張 番外編 IN タイ
番外編 IN バンコク

 
ラオスの出張を無事に終えてやっと日本に帰ること
となりましたが行きと同様、タイ、バ
ンコクの空港
で約8時かのトランジット・・・

 
(待ちの8時間は辛い)


 
流石に空港内で8時間、時間を潰すのは限界が
あるのでT氏と2人で空港を出てバンコク市内
に電車で出かけることにした。
 
二人とも特に英語が得意ではないですが何と
か電車で乗り継ぎ市内まで


 
おおおお!!


 
駅直結の歩道橋の階段を降りると最初に目に飛
び込んで来たのは何と・・・

 
歩道橋の階段裏でイスと靴磨きの道具を道いっ
ぱいに広げ商売していた
なるほど(昔の日本と同じだ)
 


 
しかも、よく見ると磨きじゃなくて靴の修理をしている。

日本にも路上でリフト交換している
おじさんが確かにい
るがこちらは、女性の靴を
縫って修理しているじゃない
ですか・・・すごい

 
磨いて欲しかったが靴が革靴では無いので、今回は断念
いたしました。

 
失敗です。

 
今度来たら必ず磨いてもらうぞ!!
| ラオス見聞録 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの海外出張 IN ラオス6
仕上げ編

 
お!! 次々と緑のレーンに乗せられて流れていきまね
左右に担当のスタッフがいて一足一足手作業で靴を仕上
げている

 


 
おやおや、こちららフィニッシャーで仕
上げてますね・・・なるほど
 

 
いや~  勉強になりますね。
最後は一つ一つ丁寧に検品し悪いところがないかチェックして・・
 
気になるところは直ぐに対応し修正をする修正が終わった
ら再度チェックして綺麗に
箱詰めしていく
 

 
なるほどね~
 
本当に丁寧に一つ一つ作られてますね!!
 
スタッフの皆さま本当にご協力ありがとうございました。
| ラオス見聞録 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの海外出張 IN ラオス5
 

製作工程

 

リフト編

やっぱりお店と違って工場は場所が広いのでヤスリ単体

のマシンはいいね!!

リフトも削りやすそうだ!!

ソールにリフトを付けた後は横回転のフィニッシャーで

綺麗に調整していく

これは便利だ〜

これなら削りすぎることもないな!!

今度はコバ全体を綺麗に整えて

更に手作業で微調整をして仕上げていく

そしてリフト装着の出来上がりだ

 

そして次のレーンへ

 

 

| ラオス見聞録 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの海外出張 IN ラオス4

製作工程  ソール編

機械で中底とウエルト着けハンマーと手作業で修正していく

 

その後はシャンクとコルクを詰め余分なコルクをヤスリ

で落としていく

次にダシ縫い機で本底縫っていく

なるほどね

よく見ると足元でスピード調整ができる

みたいだ

 

仕上げにウエルトにウィールを付けていく

これでやっと靴の型になってきた〜

後はリフトだな!!
| ラオス見聞録 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの海外出張 IN ラオス3
製作工程  

(あまり多くはお伝えできませんが・・・)

アッパー編


大量にある倉庫の中から革を選び倉庫脇おいてある。

この機械に革を通し靴が何足とれるか計算できるらしい。

 

計算された革は次の作業場手作業で女性スタッフ型紙を使って革
に型取りのラインを引いていき

 

更に機械でカットしていくみたいだ・・・

なるほど

 

カットされた革を一つ一つチェックしている

 

その後はそれぞれの担当に分かれてミシンやハンマーで作業を進

めていく
 

カウンター部分の形成

 

内羽に鳩目を着けている

 

ベロの形成など

 

他幾つかの工程を経てアッパーの出来上がりだ
 

大量に積んである!!

 
 

工場内はかなり清潔で効率よく順番に作業ができる環境だった。

 

| ラオス見聞録 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの海外出張 IN ラオス2

 
「革を求めて・・・」
 
工場内をいろいろと物色するように見て回るとイタリヤ
やスペインなどの色々な革が保管されていて倉庫をみつ
けました。

なかなか私のお目当ての革が中々見つかりません。


 

私がキョロキョロとしていると

後ろからT氏の声が
「アノネイの革を見せてください」とS氏に尋ねていました


 


先を越された!!


 

Kamiokaで使われている仏のアノネイ社の革を探していました!!

そう、これが見たかったのです。

 


大量の革が保管されていてやはりアノネイ社の革はやは

りどれも高級感もあり、傷も少なく色、質感がとてもよ

くて綺麗なものが沢山ありました。

 
 

この革で靴が作られるのを想像するととても楽しみです。
 
 
少量ですがアメリカのHorween社のコード
バンの革も保管してありました

もしかすると近い将来Horween社のコード
バンの靴も発売されるかも・・・

 
「可能性は0では無い」
 
| ラオス見聞録 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの海外(ラオス)出張 1
久しぶりの海外出張 IN ラオス1
 
「念願叶いました」
 
今回は前々から一度行きたかったラオスにやっと行くことが出来ました!!
 
お客様に仕事でラオス行った話をすると必ず・・・
「何故ラオス?」と聞かれます。


ラオスでピンと来る方かなりの靴好きですね
そうです、弊社のビジネスパートナーでもあるKamioka(神匠)
のラオス工場に見学に行かせて頂きました。

(あくまで今回も工場視察が目的です・・・)

成田からバンコク経由でラオスまで約9時間ほどでしょうか
(トラアンジットがバンコクで4時間程ありました)

 
今回一緒に同行して頂いたKamiokaの代表取締役社長のS氏と
銀座に店を構えるビスポーク
職人のT氏と3人でした
 
現地は気温32℃湿度も90%雨上がりでしたのでかなり湿度が高
くジメジメとしていまし
た。
驚いたのは32度でもかなり涼しいらしく普段は39度ぐらいが普
通だそうです。
しかし本当に、、、暑かった
 
空港から車で走ること30~40分行った郊外にKamiokaの工場
はあり途中には
市場や露店が並び街中はバイクが大量に走って
いた。

 
私は知りませんでしたがラオスは以前フランス領土だったらし
く露店のお店には
大量のフランスパンが山積みになっている店
が幾つもありました


工場が近くになるに連れて周りは田園風景に変わり、更に奥に
進むと突然広大な敷
地に無数の建物が現れました。
やっと着いた!!

 

 
 
S氏に話を聞くと敷地内には工場が10棟以上並んでいて
スタッフは
200~300人程いるらしく食堂や寮も完備更に
はバレーコートなどあるそうです。

 

 
 
 
工場内に入ると扉が全て空いていて風は通るがやはり・・・暑い
 
 
 
工場内のスタッフは意外に若い子が多くみんな眼をキラキラ
させて真剣に靴を製作していた。
一つ一つ丁寧に作業し何かあると必ず集まって皆で相談した
りベテランの職人に教わりながら製作を進めていました。

 

 
言葉の分からない私にも愛想が良く皆、真面目でいい人ばかりでした。

 


 
 
 
| ラオス見聞録 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

CATEGORIES

PROFILE

LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH

ARCHIVES

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES