<< Paraboot (雨の日は無敵の逞しさ!) | main | John Lobb From 美しき London >>
「靴のお手入れ方法」のご紹介

こんばんはー。

今日もポカポカ陽気でしたね。

でも、鼻がムズムズ?目がかゆい・・・花粉症の始まりかも・・・(涙)


良く、お手入れについてお問い合わせを頂くので、今日は少し「お手入れ」

についてご紹介をさせて頂きます。

本来は靴磨き教室でお話する内容ですが、ブログ読者の方に特別に・・・



DVD.JPG

dvd2.JPG


1.最初はソールの汚れを落とします。
時には水洗いしたりしちゃいます。

2.次に靴紐を外します。

3.インナーは消毒脱臭、固く絞ったタオルをつま先部分まで押し込み、グリグリ。これをするだけでつま先に溜まった汚れが落とせます。(思いの外、汚れているんですよ!)消臭はスプレー式がおすすめです。2〜3秒を数回に分けて繰り返します。

ここからアッパーのお手入れに入ります。

4.汚れ落とし
靴のお手入れはまず汚れを落とします。ブラシだけでは落ちない、革にこびり付いた汚れをふき取ります。次にクリーナーで表面をやさしく擦すりながら、汚れを落とします。決して、つま先だけを重点的に擦るとかしないでくださいね。革には銀面といわれる表皮があり、この部分がダメージを負うとなかなか厄介な状態になってしまいます。(詳細は割愛)


5.次に一番大事な保湿・栄養クリームを与える工程に入ります。当店では革に染み込みやすいように、指の体温でクリームを溶かしながら塗り込みます。量は革の状態を見極めながら、慎重に・慎重に!与えすぎると油返りが発生してしまいます。この工程が終わると、革の表情が豊かになり、艶々感が蘇ります。当然ですが、お手入れし油分を与えると革本来の輝きを取り戻します。そうすることで、色のトーンが変化し、濃い色合いになります。

6.最後に磨きの工程です。デザインや革の状態を見極め、黒以外の色はつま先部分にアクセントで色を盛る仕上げがおすすめです。アンティーク調に仕上げることで、色の濃淡がデザインを引き立て、美しく輝いて見えるようになります。プロは最後にひと手間をかけて、輝きを特盛にします!

7.外した紐を戻せば完成です!紐を交換するだけで、また違った表情になります。これはお勧め!


DSCF1077.JPG

DSCF1067.JPG
| お手入れ | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shoeshiner.jugem.jp/trackback/1240
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

CATEGORIES

PROFILE

LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH

ARCHIVES

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES