<< Crockett & Jones サイドエラスティックシューズ | main | ブロンズ?メタリック? 悩ましいお手入れ >>
Berluti  ベネチアンレザーとベネチアンカーフの違い


こんばんはー。

Berlutiの革が変わったとブログでご紹介したところ、どのように

変わったのかと問い合わせがありましたので、8年以上Berlutiを

磨き続けてきた率直な感想をお答えします。



まずはこちらをご覧ください。

5年以上前に磨かせて頂いたのBerluti・・・3足です。


20101006_1752798.jpg
20101014_1762809.jpg
20100604_1580759.jpg

履きシワが深いのが分かりますよね。当然ですが、足の形や

サイズが適当であるかも重要で、それ次第でシワの入り方も

違います。

英国靴で上質なカーフを使っているブランドと比べると明ら

かにシワの入り方が違います。これは革の質の違いであると

考えていました。フランス研修を思い立ったのも、なぜ、

Berlutiはこんなに履きシワが深いのかを調べたいという気持

ちからです。




念願かなってフランス研修でBerlutiのスーリエと話をする機会を

得ました。その時、革の種類を質問したところカーフではないよ

との回答が。「やはり・・・・」と思いながら、なんであるかも

教えていただきました。

ここでは伏せておきますが、驚いたのを今でもはっきりと覚えて

います。

<Berluti パティーヌ>

パティーヌ.JPG




そして、その美しいBerluti(コードバンのALDEN含む)を

美しい状態を保ちたいという想いから、試行錯誤し熱処理加

工を商品化し、履きシワが入りにくくすることに成功しました。

(カーフの靴にもおすすめです!)





最近のBerlutiの履きシワはカーフのようにやさしく小さく入る

ので、変わってきた・・・と感じていたことから、フランスの

Berlutiにもどんな種類の革なのかを確認しました。

やはりカーフが使われているようです。

<問い合わせメール回答抜粋>

The Venezia leather is the emblematic leather of Berluti, from a Calf. It gives to the patina a lot
of transparencies and color range.
The Venezia light is the same skin but slimer provided by a
younger calf. It makes the shoes softer.

The Venezia Nappa has a silky touch for a very soft leather.
Finally, the "craquelé" or "Terre sauvage" was a special edition, it is a Venezia but finished as
it would have been burned.

※ただし、すべての革がカーフだとは言っていません・・・確認中です。

<HP>

Berluti.JPG


以前のベネチアンレザーも履きシワが深く入る以外は、美しく

輝く素晴らしい革でしたが、今のベネチアン(カーフ)は、

Berlutiの完成度を高めたと思っています。美しい状態をキープ

出来るという点では、オーナーにも「所有する歓び」を感じさ

せてくれると思います。そしてその良い革に、パティーヌやカ

リグラフィーを施し、他のブランドにはない独創的なデザイン

等はBerlutiが芸術品だといわれる所以ではないでしょうか。





以下の2つは同じモデルですが、オーナーは違います。紫がベ

ースですが、明らかに違います。これはスーリエが染料をいく

つもの色を重ね、そこにクリームやWAXで輝きを加え、さら

に染料を重ねる・・・色と輝きのミルフィーユ状態です。

なので同じスーリエであっても同じ色、輝きが作り出せません。


DSCF3903.JPG

パティーヌを施しているBerlutiは経年変化で風合いが変化します。

それはそれで良い雰囲気であり、そのままでも十分に楽しめるの

ですが、Berlutiでパティーヌをやり直すのも良いかと思います。

日本にない染料を使い、常識にとらわれない技術は「ならでは」

のものです。


DSCF3793.JPG

ただ、とはいってもフランスです。農業大国で大らかな国です。

どんなに細かく色を決めても、それと違う色が届くのもBerluti

らしさというか、フランス人らしさだと思っています。

それがまた、紫で・・・最初は驚きました・・・でも、今では

お気に入りの一足なんですけどね。


 
| BERLUTI | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/25 3:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shoeshiner.jugem.jp/trackback/1288
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

CATEGORIES

PROFILE

LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH

ARCHIVES

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES