<< STEFANO BRANCHINI | main | JOHN LOBB >>
新喜皮革
 
コードバンをつくれるのは世界で2社と云われています。
その内の1社が日本は姫路で昭和26年から創業を続け
ている「有限会社 新喜皮革」です。

食用の馬の原皮をヨーロッパから輸入します。塩漬けされています。


よく見ると、塩と尻尾の毛が見えます。


大きな洗濯機で洗い、クロムなめしを行います。


タンニンなめし用のプールです。


クロムなめし後は薄いブルー(ウェットブルー)に染まっています。


タンニンなめし後は自然乾燥させます。


黒く染められたコードバンです。独特の輝きはまだありません。


特別な工程を経て、コードバンの輝きが出てきます。
この工程の技術をコードバンケアーに応用することにしま
した。



左が加工後、右が加工前です。


スタッフさんが大事に育てているコードバンです。本当に綺麗です。


この艶感がコードバンの輝きです。


新喜皮革のスタッフの皆さん、お世話になりました。
コードバンケアーの為に、これからも日々研究を続けます。
| ご紹介 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shoeshiner.jugem.jp/trackback/144
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

CATEGORIES

PROFILE

LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH

ARCHIVES

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES